追寻之诗

Sound Horizon / Linked Horizon / Revo 歌词存放处
(半角圆括号):注音或未印刷的歌词
[半角方括号]:念白或对白
{半角大括号}:歌词本上的重唱歌词
<半角尖括号>:仅在歌词本上出现的文字
所有全角括号内均为歌词原文

聖戦と死神 第三部「薔薇と死神」~歴史を紡ぐ者~

「此処は何処なのかしら 私は確か
追われ 矢を射られ 倒れたはずだったわ」

「気付いて良かった 大丈夫かい?
私の名はAlvarez
君達の村を襲った軍隊の指揮官...
だったのだが...今ではもう追われる身だ...
からと言っても...言い訳に過ぎぬ…私が憎いかい?」

「えぇ...憎くない...と言ったら嘘になるけれど...
助けてくれた貴方のこと 私は信じたい」

「私はBelga人(Belge)なのだよ 亡国の仇を取る為
旧Flandreへ身を寄せた<異邦人>(Albelge)
この意味が解るかい...お嬢さん?
この手はもう取り返しのつかない程に汚れている...」

「最初は怒りからPreuzehnを
次に異国での居場所を確保する為Lombardoを
そして己の願望を満たすという目的の為に
Castillaを滅ぼした…」

「今でも目を閉じると
鮮やかに浮かんでくる風景がある
私にはどうしても取り戻したい場所があったのだ
そんな私に当時のChildebert6世陛下は約束してくれた...」

「国をあと一つ...
例えばBritanniaの征服を条件に
Belgaの独立自治権を許すと...
私は他人(ひと)の国を売って
自分の国を買い戻そうとしたのだ」

「私はそんな愚かな男なのだよ…」

「そう...そんな愚かな男なら
私がここで殺してしまっても構わないわね?」
「あぁ...好きにするが良い...
私は取り返しのつかない過ちを犯してしまった…」

「馬鹿!それでは何も解決しないじゃない
貴方はそれで満足かも知れない
でも貴方の仇を取ろうとする者が現れないとは限らない
その論理が繰り返し悲劇を生んでいるのよ…」

「取り返しのつく歴史なんて一つもないの だから尊いの
だから私達は新しい歴史を創ってゆくの
愚か者とは…過ちを犯す者のことじゃない
過ちと知ってなお 正そうしない者のことをいうのよ...」

「...ねぇ...そうでしょう?」
「お嬢さん...君は強いな…」
「えぇ...そうよ…私は強いわ
この国の未来を背負っているんだもの…」
「この国の未来?
Britanniaの女王は若い娘だと聞いていたが
まさか…君が...」

「Rose Guine Avalon
そう...私がこの国(Britania)の女王よ
黙っていて御免なさい...でも解って欲しいの...
Alvarez将軍...私は貴方を信じます…」
「これは...女王陛下とは露知らず 数々の非礼を…」
「お願い!畏まらないで 私はそういうの好きじゃないの
私のことはRoseで良いわ...」

「それにしても貴方があの有名な「Belgaの死神」(Albelge)とはね...
...想像していた像(Image)と随分違うわね
熊のような大男だと思っていたのに...」

「...でも<Belgaの死神>(Albelge)はやめた方が良いわね
この国では流行らないわ Britannia風に言うと...
そうね<Belgaの暴れん坊>(Arbelge)かしら
そっちの方がずっと素敵よ ねぇ...そうしなさいな…」

「何?さっきから女性(ひと)の顔をそんなに見つめて...」
「いや...最初に貴女を助けた時
ある女性に似ていると思ったのだが...」
「思ったのだが?」
「...今にして思うと全然似ておらぬ...」
[なに!?]

Windermereの湖畔を白い風が駈け抜けて往く...
Tristram騎士団長率いる第六騎士団が衛る地
Lancasterへと…

©追寻之诗 | Powered by LOFTER